製品案内
トップページ > 製品案内 > オイルフィルタ

製品案内

オイルフィルタ

オイルフィルタの役割

エンジン内部で循環するオイルは酸化によるスラッジが発生し、カーボン及びゴミによるオイルの劣化がエンジンに悪影響を及ぼします。
こういった不純物を濾過して取り除くのがオイルフィルタなのです。
オイルがフィルタを通過しゴミを捕捉することによりオイルの役割を保つ事ができます。

なぜ交換が必要?

フィルタが目詰まりをしてオイルの循環が悪くなるとリリーフバルブ(下図参照)が開きエンジンに必要な量のオイルを送ります。しかし濾過をしていないオイルが循環するためエンジンに悪影響を及ぼします。こうしてエンジン性能が劣化することを防ぐためにフィルタを交換することが必要です。

シビアコンディション

過酷な条件下で使用している車にはオイルおよびフィルタを交換する必要があります。(整備手帳などのシビアコンディション欄を参照下さい)
オイル交換のみの場合はフィルタ内部に汚れたオイルが残ってしまいます。
オイルの性能をより引き出すためにはフィルタと同時交換がベストです。

オイルフィルタ オイルフィルタ各部の構造
  オイルフィルタ各部の構造

オイルフィルタの種類

オイルのろ過方式 オイルの流れ方 特徴 製品例







オイルポンプから送られてくるすべてのオイルをろ過し、エンジン本体へ循環される。
  • 単独での使用がほとんどのため、設置場所が少スペースで済む。
  • 現在ガソリン車等で最も多く採用されている。
  • エンジンに必要な油量を確保し、エンジンの摩耗に有害な粒子を効率よくろ過するようにろ材が設定されている。
  • 最近、ガソリン使用乗用車のオイルフィルタは、廃棄処理を容易にするため、従来のスピンオン形から、中身のみを交換する「エレメント交換式」が増えています。
オイルフィルタ フルフロータイプ















+






オイルポンプより循環されるオイルをフルフローフィルタとバイパスフィルタ(それぞれ別のケース)へ分流させる。フルフロー側を通ったオイルはエンジン本体へ循環され、バイパス側を通ったオイルはオイルパンへ戻される。
  • このタイプはディーゼル車に多く使用されている。
  • バイパスフィルタは、フルフローフィルタでキャッチできないカーボン質の汚れや微粒子の除去を目的として併設される。このため、炉材の気孔径は小さくなる。
  • よって、フルフローフィルタより、バイパスフィルタの方が油圧の抵抗が高くなり時間をかけろ過する構造となっている。
フルフローフィルタ バイパスフィルタ








コンビネーション型はフルフロー+バイパス併用型と異なり、オイルポンプからのオイルを分流せず、一つのフィルタへ送り、その内部で併設されているフルフローエレメントとバイパスエレメントを通過させる。ろ過後のオイルの流れはフルフロー+バイパス併用型と同じ。
  • 他のろ過方式に比べ内部構造が複雑となるがフルフロー+バイパス併用型に比べ少スペースですむためディーゼル車で増加傾向にある。
  • フィルタ内のフルフローエレメントとバイパスエレメントで、それぞれ規定のろ過効率を確保できるよう、内部に油量差をつける特殊な構造をもつ。
フルフローエレメント・バイパスエレメント

〒 550-0022
大阪府大阪市西区本田
2丁目2番11号

電話番号 メールアドレス

採用情報 環境への取り組み


このページの先頭へ